2013年の各省・都市競争力指数(PCI)ランキング:ダナンが首位に戻り
ベトナム商工会議所(VCCI)が発表した2013年の各省・都市競争力指数(PCI)ランキングによると、66.45ポイントで首位を占めた。その次に第2位と第3位はフエとキエンジャンである。ベトナムの経済中心地であるハノイとホーチミン市はそれぞれ第10位と第33位を占めている。

2013年、ダナンの10つの指標の中の8つのポイントが上げた。その中:市場参入費用:8.4、土地へのアクセス:7.98、明確さ:6.49、時間料金:7.86、不正規費用:7.5、競争の平等さ:5.82、市役所の積極さ:7.72、企業支援:5.36、労働教育:6.53、法律政策:6.6である。2012年と比べたら、市場参入費用の指数だけのポイントが下がったという。
 
2011年まで、ダナン市はいつもPCIランキングの首位か第2位を占めていた。2011年に第12位に格下げられた後、現在ダナン市は首位に返り咲いた。
 
VCCIの報告によると、2013年のPCIランキングは参加している8093民営企業の声を集め、ベトナムの63省や都市の管理能力が反映されると言われている。
 
VnEconomyにより