ダナン国際マラソン2015: 国内外から約5000人が参加する見込み(新聞記事の要点)
ベトナムで初のプロマラソン競走である「ダナン国際マラソン2015(DNIM 2015)」が8月30日(日)に東海公園で開催され、国内外から約5000人が参加する見込みです。6月30日午前、同イベントを発表する記者会見が行われた。

 DNIM 2015は、ダナン市人民委員会の指導のもと、同市文化スポーツ観光局とワールドマラソン(World Marathon)、地場広告企業のパルスアクティブ(Pulse Active)の共催によるもの。コースは、◇フルマラソン(42,195km)、◇ハーフマラソン(21,095km)、◇ファンラン(5km)の3種類。

6月30日までのDNIM 2015のウェブサイト上の登録リストを介して予備的な統計によると、32の国と地域から約650名の外国人スポーツマンはこの大会に参加確認した。

DNIM 2015に参加すると、競争日前のスポーツマン向けガラディナー、スポーツ展示会、アワードガラで国内外からスポーツマンと交流する機会がある。特に、アワードガラは前2回のようにホテルで開催しないで、東海公園で開催される。また、DNIM 2015はダナン市解放40周年を記念するために「Run For Peace」というメッセージが表示されることがある。
 
ダナン国際マラソンのトラックはIAAF・AIMS(国際陸上競技連盟・国際マラソン協会)により測定され、認定されている。同イベントを通じて各組織及び大会参加者から寄附金はダナン市オレンジ剤/ダイオキシン被災者協会に渡される。
 

同イベントでは、ダナン市が東南アジアのトップイベント・文化・観光都市になるために各種観光振興活動が行われる。DNIM 2015に参加するスポーツマンは休日を完全的に体験できるために、DNIM 2015開催実行委員会はDNIM 2015参加者向けパッケージツアーを提供する地方旅行会社と協力する。このパッケージツアーを通じて、DNIM 2015参加者はダナンや周辺地域の有名な観光スポットを訪問できる。

 
ダナン新聞より