ダナン経済:経済景気が良い方向に向かっている
今年の3月までに、ダナン経済がいくつかの分野に成長が振り返すと言われた。その方向が指標指数に現れている。これらはダナン市の発展事業のために努力、高度集中の結果だと考えられるだろう。

第1四半期のGDPは7.78%増えた。2013年同時期より0.69%増えた。その中、工業と建設の割合が一番高いである、9.19%である。2013年の同時期の0.64%と比べたらはるかに増えた。サービスは7.18%増えた、2013年同期が11.94%であった。農林水産は2013年同期より1.39%減った。
 
つまり、第1四半期の成長に主な貢献は工業、建設とサービスのである。GDPに一番大事な貢献は工業である(3.55ポイントを占める)、成長がよく回復されていると考えられる。特に加工製造工業は12.44%増えた(2013年同期は3.81%であった)、建設は3.03%増えた、2013年の-0.24%よりはるかに増えただろう。
 
去年同期より、はるかに成長速度が増えた分野は化薬剤生産、70.67%、履物産業は33.78%増えた。製造加工産業は38.73%増えた、セメント生産は36.37%増えた。
 
ダナン総計局長レ・ドゥク・チャン氏によると、2014年の第1四半期の工業生産の成長速度はよくなってきている、繊維産業、スポーツ靴生産、水産は第2四半期の注文があった。工業の裾野産業である砕石業、セメント、コンクリート、鉄の製造業の成長も振り返してきている。
 
良い信号の一つは第1四半期の輸出金額が2億3500万米ドル達成、2013年同時期より7.29%増えた、はるかに増えた輸出分野は農林水産業、3600万米ドル達成、20.5%増えた、工業品や手工芸品も2億米ドル達成、10.7%増えた。しかし、輸入金額は2億4200万米ドルだけ、去年同期より5.43%増えた。
 
なお、2013年のダナン市の都市競争力指数(PCI)が首位に返り咲いたことも良い信号であると思われる。これはランキング地位のことだけではなく、市役所の管理能力、この間の企業の問題や悩みを解決するために条件を整え、投資環境を改善、改正する約束を確定できることだろう。

cadn.com.vn による