ダナン市の概要
日付を公開 14-04-2017 14:14
送信
フォントサイズ

 

昔のダナン

 

ダナン市は北にトゥアティエンフエ(Thua Thien Hue)省、西南にクアンナム省、東側に東海に接していています、ダナンの都心から北の方の首都であるハノイまでは764km、南のホーチミン市へは964km、北西にベトナムの近代的首都であるフエ市から108km 離れている。ダナン市は高い山、深い河、丘陵地、高地と狭い海岸線の土地が入り込んでいる地域である。

 

 

昔のダナン港

 

チャム言語、「ダナン」の意味は「大河」または「大河口」と印されている。この地名はXVI世紀以降の地図に取り入れた。それは歴史年の初めに、地名の名づけ際に都市の重要な地域としてこの名前ダナン「大河」「大河口」の名を取り入れたとの事である。


ダナン河口はクアンナム(南への拡大)の大きい河口の一地域であり、何世紀前から、ホイアン市はXVII世紀に発展された市で古い商売風景を展していた当時にもダナン河口は高評された。日本のチャヤ族がホイアンでの商売風景について描いた有名な絵には活溌な商業風景が見られる。その絵に描かれているのはダナン河口及び五行山とココ-川であれば、日本、または中国の商売人の最先端設備を設けている大洋横断船舶が貿易港ホイアンに代わりダナン河口を選んだと言われた事は驚くにあたらない。というのは、貿易港ダナン湾の長点は港が深く安全性が高いことからだ。実際上、XVIII世紀以降、貿易港としてのダナンは地域にとって栄えてきた。

 

 

ダナン湾

1835年、明命帝は「全ての欧州船にHan河口にだけ入船許可、ほかの河口には商売に入船禁止」勅令を発した時、ダナンは中部最大貿易港の一になった。それ以来、以前のCua Dai Chiemに代わり、商売・外交関係などは中部の主となる港であるダナン海口に言われてきた。中部にとって重要な位置・役割を持って、ダナンは船舶修理技術、農林水産加工業及び、連商売サービスなどの現地小手工業を発展し始めた。

 

昔のダナン


クアンナム省、1858年、Da Nangへ攻撃によりフランス人はベトナム侵略戦争を始めた。インド洋総督府を設立してから、フランス人はダナンをクアンナム省から切り離しとして総督直轄地としてトゥレーヌ<TOURANE>と改称された。中部に位置しているのにこの行政局がフエ-朝廷に代わってインド洋政権に管轄を受ける。

20世紀始め、トゥーランは西洋風都市が整備された。インフラストラクチャー、生産技術を投資された。農業生産、小手工業、輸出加工業、船舶修理、サービス営業等の産業・営業が成立、発展された。ハイフォンやサイゴンと並んでトゥーランはベトナムの重要貿易中心となった。

1965年3月アメリカ海兵隊が上陸して、大規模な米軍基地を建設された。1967年にダナンはベトナム共和政権に中央直轄市として、戦術地域I&IIの政治、軍事・文化中心を目的とした。


1975年、平和になって、ダナン(クアンナム・ダナン省に直轄市)戦後の深刻な余波の回復に執りかかった。困難がまだ多いけれど、町の回復と発展事業が1986年以降の更新時期をはじめ、多い結果を挙げた。


フランス人はベトナムへ攻撃の際、初めの選定はダナンである。アメリカ人も始めからこの地域を選んで、ベトナムに以降した。それは歴史上、偶然ではなく、歴史は当然の事以外、いつも偶然のことを潜伏している。中部ばかりでなく国家にとっても戦略的位置によりダナンの重要さ及び影響が肯定された。

地図において、ダナンは大規模地域の全体の終点である事は明白だ。表に海に向かって、裏に中部高原に接している。広義によりラオス、カンボジア、タイとミャンマーの一部を含むインド洋全地域だ。今日、ラオバオ通関手続地にかかわる東西経済回廊の建設、ゴック・ホイ(Ngoc Hoi)三辺に横断する24B国道の拡大、将来この国道が西側に向かってベン・ヤーン(Ben Giang)を通り、ダク・タ・オク(Dac Ta Oc)通関手続地を抜けると、ダナンとこの頃の研究会の企画の様に投資、建設される肥沃なボロウェン(Boloven)高原を繫げる。このように、ダナンはメコン河地域の商売・文化交換に重要な役割を持って、発揮しようとする。

ダナンはベトナムの真ん中、道路¥、鉄道、海路と空港路といった南北交通網の中間に位置していて、中部と中部高原全体の大切な玄関口でもあり、東西経済回廊の終点でもあり、ミャンマー、タイ、ラオスベトナムを通過している。

1997年以降、中央直轄市となって、積極的に変化してきた。10年に渡って、ダナンは絶えずに自体の面影を変えた。開発プロセスのうちにダナンは初めて面影の更新需要を熱心に行っていた。ダナンの発展は自体の需要である同時、国の新たな段階に中部に対して連携責任を持つ町の激しい要求に応える為でもある。

 

 

ダナン国際空港

1975年前、ダナン国際空港は世界一のにぎやかな空港であり、今でもベトナムの第三の最大空港の一(ノイバイ空港とタンソンニャット空港の次)。この空港は国際民間航空機関に東西航空路の乗り換え地点と見なされた。ダナンの航路線がシンガポール、バンコク、ソウルへと直接に繋がることは国際交際にいい条件となる。資本総額8千4百万ドルでダナン国際空港は整備されていて、2012年まで1年間4千万客に達する予想された。今でも、ダナン国際空港は中部と中部高原地域の最重要な空港である。

海路交通でも好都合な位置であり、ダナンはハイフォン港から310海里、サイゴン港から520海里、マカオ港から480海里、香港港から550海里、マニラ港から720海里、マレーシア港から720海里、シンガポール港から960海里、台湾港から1030海里、タイ港から1060海里と離れているので、通行・輸送上優利な条件位置である。二日一泊だけでフィリピン、マレーシア、シンガポール、タイ等の国から各種貨物がダナンに往来出来る。

ベトナムの第3の大貿易港であり、ダナン港の深さは平均15m~20mので、積載量28000トン、長さ220m以上の船舶の入港が可能だ。ダナン港湾が広いが、風下なので、雨期に船舶が安全に投錨する。21世紀の初めの数年に、工数1年間2千万トンに達するリエンチュウ港の建設が完成された時、ダナン港系統が南の方のキーハ・ユンクワット(Ky Ha・Dung Quat)港と繋がって、国の最大連続港湾になり、東南アジアと東北アジア航路線の重要な地点にもなった。

 

 

ダナン港

 

この近年、ダナンは以前とかなりに違った。内力稼動がダナンに程度を向上させた。インフラストラクチャー発展計画をはじめ、特に交通網、都市の整備を行い、広義上の新規環境を建設、新規発展事業のきっかけを作る。固有の優勢を効果的に発掘している。数年間にわたり、ダナンの発展のテンポ・気勢の変化が著しい。平均GDP伸び速度は全国の一般の平均レベルより高い、工業・農業・水産業の産物価値が全面的に向上、輸出金額が増加、観光業、サービス業が積極的に変転している。

 

 

ハン橋

 

以前、ダナンの老朽化した工業に関して苦情が多く出てきたが、今では違った。工業をきっかけとして発展する主張により、ダナン経済仕組が各工業及びサービス業の比重増加へ変更して、全国と別の大都市の同転向に入り込んだ。中部の重点経済地域の突破の準備の為に、先頭として、数年間にわたり、ダナンは地域の要求に応えて自体の様子と役割を工夫して改善して地域の同要求に応えた。

 

中部・中部高原地域の経済的中核として、ダナンは縫製工業、消費財生産、加工業、機械工業、建設材料製造業等...ダナン市の産業の平均成長率は20%に達成している。ダナンはベトナムの工業化・現代化事業の先頭に行く地方の一になって、2020年までに工業都市になる目標を立った。

 

 

コン市場

 

ダナンには都心に大市場が2箇所ある。それはハン市場とコン市場である。Bai Tho Plaza、メトロ、ビッグC巨大スーパー(Vinh Trung Plaza)、Intimex等のこの2年に建設されたばかりの大きなスーパーと同時に...ダナンの主な商業センターになった。

 

財務・銀行部門におけて、現にダナンは中部・中部高原地域で一番大きなセンターである。40箇所以上の公式商業銀行、株式商業銀行、合弁銀行と金融会社及び何十箇所の大規模財務会社が稼動している。...

 

 

 

ダナンソフトウェアパーク

現にダナンは国の第三の最大郵便センターの一と見なされ、固定電話、携帯電話、カード電話、インスタントメッセージ、インターネット及び、急行送金、コロナ急行便...といった現代的、便利なサービス型が集まっている。現在、都市の遠隔通信網はメイン交換局:2箇所、容量4万数以上、衛星交換局:12箇所がある。PDH-140Mb/sのビバとToll AXE-10交換局の光ファイバケーブルのSDH-2.5Mb/s...等の世界の最先端技術の発展・使用のおかげで、遠隔通信サービスの数量・品質が向上させてきた。国際・地域・国家のアンダー海光ファイバーケーブル、特にSMW3海光ファイバケーブルが開発・使用されて、ダナン郵便を営業・サービス効果を向上させて、域内諸国と並べる様に。

 

ダナン市はハン川沿いに位置し、東側に東海及び延々と続くビーチと野生のソンチャー半島に面して、北と西に高い山と峠に囲まれている。険しいハイバン峠は都市とトゥアティエンフエ省との自然的境界である。

 

自然に恵まれたもの以外、ダナンにはホイアン、フエ、ミーソン遺跡といった3つの世界文化遺産の中心地点に位置している。便に遠くには世界遺産フォンニャ・ケ-バン国立公園がある。それで、ダナンは中部遺産へ旅程の重要な乗り換え地点と見られた。

 

ソンチャ半島から見る街の一角

 

ダナンは旅行の町、遺跡、名勝が集まっている町である。山森、高地、平野、海などがある特徴な地形に位置しているので、多様な美しさを持っている。雄大でリベラルな高山、ロマンチックで広々とした海、和やかな川、くねくねした高峠、ロマンチックな砂浜、渡し場、それに豪華な店舗、記念碑、鉄筋コンクリートビルもある。

 

長年、ダナンは遠方の旅客の理想の休憩所である。ここで、旅客が町のリゾートで休憩する時、最山の頂上、森林の奥、川辺、海辺の素晴らしい瞬間及び国際水準品質があるサービスを楽しむことが出来る。ダナンの発展動向は中部、全国、便に地域と国際のサービス・旅行センターになることだ。数多くのリゾートが建設されていて、自然に和合するが、現代じゃないのわけでもない。フラマー、サンディービーチ、ソンチャーリゾート&スパー...といったデラックスな4-5つ星リゾートだけでなく、スオイルゥン、バーナー、ソンチャー、ノンヌックといった渓流観光地区までもある。

 

今まで、ダナンにおける多くの観光投資案件が投資総額何兆米ドルで認可された。その中で、Vina Capital、Indochina Capital...といった大集団の投資を高級ゴルフ場、ホテル、リゾートなどに誘致した多いプロジェクトがある。

 

医療、教育、住民にいい品質がある生活を確保することはこの町の大切な目標だ。現在時点には、総合病院と専門病院:18箇所、府県医療病院・センター:11箇所、村落医療局:47箇所、私立診療室:900箇所以上もある。医薬科大学と医療技術大学と共に、ダナンは中部・中部高原全体と全国の医療センターになる目標へ向けていて、高度な品質人的資源、医療サービスを供給して、国の社会・経済発展事業に仕える様に。
 

中部・中部高原の第1、全国の第3(ハノイ首都&ホーチミン市の次)の教育及び訓練センターであり、現在、ダナンには大学・学院:15校、短期大学:17校、専門学校数多くの職業訓練センター及び200校の幼稚園級から中等級までの学校もある。教育、訓練省によって承認されたダナン大学発展提案により、2015年まで、国際学校、IT・通信大学、医療大学(現在の医療かのアップグレード)、医療技術大学(現在の医療技術短大のアップグレード)、オープン大学、大学卒業後訓練院...などの大学・研究院が開設された。

 

 

ダナン大学での教育の国際協力

昔の歴史上、重要でこっ酷い時点にあたり、いつでもダナンは自体の存在と発展にとっての適切で有利な措置が出せた。国の新規改革事業にダナンはどこにあるか、中部地域と国全体の発展に対してどんな役割を持っているかと質問に対しての応えはひとりダナンの人だけではない。

2020まで、ダナンは国の大都市の一になって、人口が140万人に達成し、重要交通地点、中部・中部高原全体の各町と東西経済回廊の玄関口であり、域内と全国の防衛に関する重要な戦略的を持つ拠点としての役割を発揮する。その為の主任務は工業に集中して、工業化、現代化事業に先頭に行く地方の一になること、工業生産価値成長率を22-23%/年高めることに努力し、電子、コンピュータ、新規材料、自動化、クリア工業といった高度な価値がある部門・商品に集中する動向に沿って工業を開発する。ダナンをベトナムの商業、観光、サービス中核の一にして、サービス・工業・農業動向へ仕組転化を準備する為。観光業を最先端部門に開発して、町の経済仕組に重要な役割を持つ。早めにダナンを観光中核として作成し、フエ・ダナン・クアンナム観光コースと繋がり、国家及び東南アジア地域との関係に入る。

 

金融サービス、保険サービス、遠隔通信サービス、運輸サービス、教育・訓練・医療養護サービス、諮問サービス、技術科学サービスといった生活要求に応えるサービス、高度なサービスの発展を促進する。商業サービス、ホテル・レストラン、財務営業及び諮問等の町の基本サービス業の発展を奨励する。

ダナンを地域のハイテク科学センター、国の高度な人的資源教育・訓練センター、国際級高度な診療及び医療サービスセンターとして発展させる。IT業界を最先端産業であると共に国家の第三の一流技術センターのとして開発する。

ライトアップされたトアン・フック橋

経済成長が進歩、社会公平と伴うべき方針を一貫して、環境問題を解決する。ダナンは「5つのNo、3つのYes都市」と言う運動の実施を促進し続けて、「ダナン・環境都市」と言う伝言をし、汚染の削減、衰退状態の克服、環境の改善をしたり、土地、地下水、森林といった資源を適当に発掘、倹約に使用することを管理する。

ダナンのビーチがきれい。ダナンは有利な地理的位置にあります。山、海、平野、高地、店舗...を所有していることが知られているが、更に大切で、決定性を持つ、重点であるものはダナンの人だ。確か長時間に自然が厳しい土地に生活しているのおかげか、多い変化があったおかげか、ダナンの人が強固で、素朴な人。歴史上、特に2つの戦争に、ダナンは先頭に立つ兵だった。平和時代、特に国の更新段階に努力して、高評された。近年のダナンの人は堅持、自分の町の為に固執、我慢、犠牲にした。市民の貢献と共に社会の同順により、町の面影が変化されて、進化のレバーになって、将来に加入・発展の道に着実させる。

 

自然に恵まれた環境で生活するダナンの人々

 

東海沿いに位置していて、中部は「có cứng mới đứng đầu gió「頑強なら、風上に立つ可能」と言う言葉の様に多くのチャレンジを受けた。昔からチャム人の海洋を渡航する船舶、海に対してのとる態度からみて、中部をはじめ、ダナンは海経済に発展したものだ。今日、風上に立つだけじゃなくて、中部人がインド洋から太平洋まで渡る国際交際コースの交差点に立っている。加入時代と共に新しいチャンスが抱負を持つ船に新しいスペースを開いて、ダナンは中部重点経済地域の先頭として、大洋へ進む。

 

ベトナムはWTOに加入した際、チャンスとチャレンジに直面していて、大洋へ進むチャンスに直面している。今まで、ダナンは大海口であり、海口は広義で港町、オープン土地、加入・発展の土地である。ダナンは多いチャンスがあるが、努力が必要だ。ダナンの形成・発展歴史はある信頼を確保している。現在段階にこの町の新しい兆しがその信頼を更に確保している。先には努力が必要だが、ダナンは自体の存在に発展して、中部・中部高原地域のきっかけとして町である役割にふさわしくて、国の任せた働きに直する。

 

     (2010年3月のダナン出版社・ダナン概要により)

その他のニュース