ダナンで韓国の外交機関の開設を提案

ダナン市人民委員会副委員長フン・タン・ヴィエト(Phung Tan Viet)氏は9月18日公使兼在ベトナム韓国総領事館・Park Sang Shik氏との会見でダナンで韓国の外交機関の開設を提案した。

ヴィエト副委員長によると、韓国の観光者量がダナン・韓国の直便の22便/週で多くなっているという。そして、総投資金が7億USDで韓国の投資案件が46件ダナンで展開されているという。

それによって、ダナンで韓国の外交機関が開設されると、ダナン市へ来る投資家、観光者、韓国人民に対して色々なサポートを与えると見込みだ。

 

ヴィエト副委員長も、ダナン市の幹部が韓国の政府、団体がダナンで展開していた案件、プログラムの効果を高く評価したと述べた。

 

ヴィエト副委員長は、Park Sang Shik氏が新しい任務でも、ベトナム・韓国の関係を初め、経済、科学・技術、文化、援助、ダナンへの投資家を紹介する分野などで、韓国の各地方・ダナンの協力関係を強化することに貢献するとという期待を述べた。

 

韓国の投資家がダナンで案件をうまく展開できるように、ダナン市の幹部は最良のサポートを韓国の投資家に与えると約束したという。

 

Park Sang Shik氏は、ダナン市が投資のための潜在的な都市であり、韓国の大量の観光者を誘致する旅行先としてダナン市の急速な発展に印象を受けたと述べた。

 

そして、韓国の各地方・ダナン間の協力関係を強化することに全力を尽くすと約束した。