ダナン、2050カルキュレーターの案件を開始
送信
フォントサイズ

ダナン市人民委員会が在ハノイイギリス大使館と協力して、ベトナムの2050カルキュレーターの案件の開始及び省レベル2050カルキュレーターの開設についてセミナを行った。

 グエン•ゴック•トゥアン(Nguyen Ngoc Tuan) ダナン市人民委員会副委員長がセミナに参加した。2050カルキュレーターの案件はイギリス外務省によってベトナム工商省へ援助される。

本案件はエネルギーの使用、温室効果ガス排出量の削減可能を検討して評価して、適当な削減目標を立てるという。

同時に、対策を提案し、決定を出し、巨視的程度で分野、機関、地方の発展計画に対してサポートする。

 

2050カルキュレーターの案件はエネルギーの供給能力及び温室効果ガス排出量の削減可能がどの程度までできるかという質問を各地方に答えられると見込みだ。

 

この案件は、韓国、中国、ベルギーなどの10開発国家におけて展開されて、国ごとに2050カルキュレーターのバージョンを別に開設するのである。

 

工商省安全環境局 環境管理部長・ ホアン・ヴァン・タム 氏によると、ベトナムが低炭素経済及び緑発展と共に、、天然資源の効率的利用・開拓、温室効果ガス排出量を一歩一歩制御し、削減する目標、石炭輸入依存、温室効果ガスの排出、環境汚染等のエネルギー分野の問題を対応している状況で、本案件が有益な助言を出して、持続可能な開発計画や気候変動対策や温室効果ガス排出量の削減の問題にサポートを与えるということだ。

 

ダナンでの案件は2015年9月から開始し、2017年3月終了するという。そして、ダナン版は、ダナン市の状況に合わせて開発され、インタフェースをベトナム化され、訓練し、開発方法と運用方法をダナンの専門家に引き渡すという。

 

グエン•ゴック•トゥアン・ダナン市人民委員会副委員長によると、ダナン市の開発、環境と気候変動対策の結果を遂げた共に、ダナン市が案件開始の都市として選択されて、個別なバージョンを開発するという。緑発展の目標として、2050カルキュレーターはダナン市が目指しているように環境保護・温室効果ガス排出量の削減付け開発政策を立てることに役に立つということだ