ダナンの道路システム
日付を公開 14-04-2017 14:22

 

すべての道はアスファルト・コンクリートロードで、路面の品質も比較的良いものである。国道94,276 キロメートル、都市道512,687 キロメートル、県道99,916キロメートル、郡道64,654キロメートル、地方道44.7キロメートル、専用道32,24キロメートルを含んで、都市の中に29の 橋あり、全長5,293mである。年平均の建設完了道路が39.2キロメートルである。道密度は4.72キロメートル/平方キロメートル (㎞2)になって、交通道路が9.27%を占めている。

 

旅行客の輸送手段について、ダナンは審美的な、技術的な要求に応じる新モデルの車を300台導入してきた。この車は旅行・交通管理機関により定期的品質検査が行われ、免許証証明され、保険が適用される。ほとんどの運転手は外国語及びツアーリストサービスコースで訓練された者である。

 

公共の乗客のための輸送手段はダナンバス管理・輸送株式会社により、管理される。市内以外、郊外、全国の各地域、特にSavanakhet(ラオス)へのルートがある。

 

バス:ダナンバスシステムは市内、郊外以外、クアンナム省のホイアン、タムキ、ナムフオクなど へのバスルートも設置する。あらゆるのバス停には案内板があり、屋根も装置されている。比較的良いバスは丁寧なサービス及び適度な価格を乗客に提供する。

タクシー:都市で作動している5つのタクシー会社がある。それは、 Vinasunタクシー (電話: 84.511.3686868), Airport タクシー(電話: 84.511.2825555), ティエンサタクシー (電話: 84.511.3797979), マイリンタクシー(電話: 84.511.3565656), ソンハンタクシー (電話: 84.511.3727272)である。営業時間は終日である。

バイクタクシー及びシックロは都市のホテル・レストランの前、観光地・遊園地、メーンストリートでよく見つけることができる。旅行客が大勢いるホテル及び道路において地方自治体は役割を調整、乗車のサービス価格を知らせ、安全保障及び秩序を守るために、シックロの自己管理組織を確立した。

 

2020年までの市内の交通インフラ開発方向計画及び2030年までのビジョン

1. 都市の均一で安定性がある近代的な交通輸送インフラ開発活動、対外及び対内交通道路システムの同期開発

- 対外交通:交通プロジェクトに関わる各中央省庁及び関係機関と連携して上のプロジェクト、またはダナン~クアンナムまでの高度道路及びラソン・トゥイロン地域のホチーミン国民道路の実施を促進すること、都市観光開発のため、地方の港湾物流サービスを確立、ソンハン港湾システムの効能変更を完全に実現する、リエンチエウ港とハイヴァントンネル通過の鉄道などの建築を進める、鉄道駅を郊外に移動すること。

- 対内交通:

+ 社会経済発展への意欲が高まるにつれ、都市のさまざまな景観建築に加わるため、ロン(ドラゴン)橋及びグエンヴァンチョイ・チャンティーリ新橋、グエンチフオン橋、グエンヴァンリンエクステンション道、チャンフンダオのエクステンション道などの都市の主要な交通工事を展開し、早期に完了させるように指導する。

+市内の交通システムを近代化して、道路網の改善活動に投資を続ける。数年後においてはバフエンタンクアン(BaHuyen Thanh Quan)通り、トンダン(Ton Dan)通り、リタイト(Ly Thai To)通り、フンヴオン(Hung Vuong)通り、オンイックキエム(Ong Ich Khiem)通り、ファンチュチン(Phan Chu Trinh)通り、チエウヌヴオン(Trieu Nu Vuong)通り、ホアンヴァントゥ(Hoang Van Thu)通り、レーロイ(Le Loi)通り、マクディンチー(Mac Dinh Chi)通り、グエンファンヴィン(Nguyen Phan Vinh)通りなど道路網の改善と改修を終わらせる予定がある。それと同時に、都市の軌道を新たに建設する。例えば、5番の横軌道(国道の1Aから国道の14Dまでの高速道路経由の道)、D1の縦軌道(グエンファンヴィン通りからヌックマン空港までの道)、11行目及び9行目(リエンチエウ地区属)、20行目(ホアスアン(Hoa Xuan)橋から大学地域までの道)、都市の南側の環状道路もある。大勢の通行者がいる道でいくつかの交差点を確立する。

+ 地方の道No.601, 604を改修したり、カウド(Cau Do)-カムチャイン(Cam Chanh)-海沿の道と橋を造りたりする。そしてホアヴァン地区のルートを改善する。

2. ダナン都市の交通インフラに向けての発展活動に服務するための各金融機関の支援資本を最大限に導入することを目指して、既存のODAプロジェクトに全力を尽しながら、新しいODAプロジェクトの実現促進を強化する。

3. 交通インフラを発展するとともに、公共的交通システム及び交通管理運用対策の開発を一段進める

- 学生及び低所得者を含め多数の人々向けに、便利でうまく移動するなどの良い条件を提供することを目指した低価格・高品質の公共的交通システム(バス、高度バスBRT、UMRT)の発展に注力する。それはオートバイ購入及び交通事故、環境汚染の増加を防止することの役割を果たす。

- 都市交通システムの効率を最大限に開発し交通事故・渋滞状況を防止するために、スペイン政府により提供された交通信号プロジェクトに基づいて都市交通管制・統制システムを確立する。

- 大投資されたインフラの管理及びメンテナンス事業に金融を適当に割り当てる。

- 駐車のニーズに答えるめ、静的な交通システムを大事に開発する。都市景観を保障するために、都市の中央部及びメインストリートをはじめ、電線網・通信システムの隠匿化を一歩ずつ展開する。

- 交通インフラの管理効率向上の為に科学技術の適用を強化する。

4. 交通インフラ開発の活動向け、人民・ビジネスマンから資金源を公募するために、平等的有利な規制、政策を設定したり、建議したりして、広範囲に発行する。

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT