ダナンは韓国企業と社会住宅を開発
日付を公開 22-12-2019 13:52

118日、ダナン人民委員会フイン ドゥック トー委員長、在ベトナム韓国大使Park Noh Wan氏が立会証人であり、ダナン建設局と韓国土地住宅公社はダナン住宅の開発に関する覚書を締結した。


トー委員長は覚書締結式において挨拶をした

締結式において、トー委員長はダナン建設局と韓国土地住宅公社(LH)はLHがダナンを社会住宅における協力機会を視察した1ヵ月後だけ、こんなに具体的な結果を得たことに嬉しいと述べた。トー委員長によると、社会住宅はダナンの課題になっており、市は13,000軒の社会住宅を建設した。ダナンの社会住宅プログラムの目標は2030年まで更に20,000軒を作る。この目標を達成するために、社会住宅に関心のある企業を呼びかけている。

トー委員長は韓国土地住宅公社の住宅、都市開発における実績及び経験に基づき、覚書締結は大事なステップであり、ダナンの社会住宅開発及びベトナム・韓国の協力関係に大きく貢献することを確信する。

韓国土地住宅公社CEOのByeon Chang Heum氏によると、覚書はLHとダナンの協力を実現化し、社会問題に対する政策の支援を展開する。また、LHの実績及び能力を生かし、ダナン建設局と覚書を効果的に展開し、ダナンをはじめベトナムの経済社会発展に役に立つ。


ダナン建設局と韓国土地・住宅公社との社会住宅開発に関する覚書の締結式

LHは韓国の国営企業であり、韓国住宅公社と土地公社の合弁により2009年に設立され、都市開発、リースする社会住宅を投資する企業である。LHは現在276万軒のアパートを建設し、うち、社会住宅が112万軒である。現在はスマートシティ及び都市再建事業に勤めている。

ベトナムにおいて、LHは2013年4月にベトナム建設省と都市と住宅開発に関する覚書及びフン イエン省人民委員会とスマートシティ構築に関する覚書を締結した。現在、エコパークグループとハノイの社会住宅の開発事業を進めている。

NGO HUYEN

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT