日本と投資、貿易、観光、教育、文化交流を推進 (30-1-2020)
日付を公開 24-02-2020 10:09

1月12日、ベトナム共産党中央委員会委員、ベトナム国会代表団長、ダナン市党委書記チュオン・クアン・ギア氏は日本自由民主党幹事長・日越友好議員連盟会長二階俊博氏一行と会談をした。

日本自由民主党幹事長・日越友好議員連盟会長二階俊博氏一行はグエン・スアン・フック首相の招待によりダナンを訪問した。

チュオン・クアン・ギア書記によると、ダナン市は2020年あたまに1000人規模の日本の経済、文化、観光交流団を歓迎する機会があることを栄誉だという。2019年ダナンへの日本人訪問者数は約183,572人であり、前年比50%増。今回の交流会のおかげで、2020年観光の成長率が非常に高くなることを確信する。


日本自由民主党幹事長・日越友好議員連盟会長二階俊博氏一行はグエン・スアン・フック首相の招待によりダナンを訪問

ダナン党委書記ギア氏によりと、ダナン市はベトナムにおいて戦略的な位置を持つ。ここ数年の経済成長率は平均7~10%だ。国際空港、港湾、鉄道、道路が整備されており、経済、投資、観光を開発する大事な基礎である。また、国内、海外企業のニーズを満たす豊富な人材を揃えている。

ギア書記も二階幹事長はじめ日本の方々に日越の友好関係の拠点であるダナン市を選んだことに感謝した。

また、「ダナン市は積極的に日本の地方、組織、企業と投資、貿易、観光、教育、文化交流を促進していく」と述べた。

二階幹事長と日本の議員、役人にダナン市を応援することと共に、ダナンと日本との全面的な協力を推進することを依頼した。


ギア書記「ダナン市は積極的に日本の地方、組織、企業と投資、貿易、観光、教育、文化交流を促進していく」と述べた。

2020年1月5日、ベトナム政府は在ダナン日本領事事務所の開設を許可した。この領事事務所はベトナム中部を中心としてベトナムと日本との協力関係を促進する機関になる。ギア書記は二階幹事長に早めに領事事務所を総領事館に格上げることに応援して欲しい。

ギア書記もダナンにおいて実施されたODA事業に協力したいただいた日本大使館、JICAの多大な支援に感謝した。特に、最近はダナンのリエンチエウ港のPPP手法導入による投資の促進とリエンチエウ港住宅地の計画・港湾管理モデルを支援してきた日本政府に感謝。二階幹事長を通じて日本自由民主党に感謝した。また、事業展開においても日本の配慮をいただきたいと述べた。

二階幹事長は在ダナン日本領事事務所の開設、そしてダナン市で経営している日系企業をサポートすることにおいてダナン市の協力に感謝した。また、毎年越日文化交流行事の開催、日本の沿岸警備隊、自衛隊に対する親切な歓迎に謝意を表した。


二階幹事長はより多くのベトナム人学生が日本へ留学することを希望

二階幹事長によると、日本は留学に来るベトナム人学生を最大限のサポートし、より多くのベトナム人学生が日本へ留学することを希望する。

これに関し、ギア書記によると、現在ダナンにおいて約1000人の学生が日本を勉強しており、毎年ダナン外国語大学日本語学科の卒業生が100人だという。また、近いうちに、ダナン学生のグループが日本に留学する。

ダナン市は日本の川崎市、堺市、横浜市、木更津市と正式な関係を持っており、それ以外は北海道を含む20都道府県以上と協力関係がある。製造業、電子、教育、観光業を中心とする190社の日系企業がダナンに進出しており、投資額9億ドルだ。日本語人材について、1000人が日本語を勉強しており、毎年ダナン外国語大学日本語学科の卒業生が100人だ。ダナンから成田空港、羽田空港と関西空港までの直行便が就航している。また、越日文化交流フェスティバルが毎年開催されている。

 

THANH THẢO

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT