日越間は12件の協定書、覚書を締結 (25-1-2020)
日付を公開 24-02-2020 10:09

自由民主党幹事長・日越友好議員連盟会長二階俊博氏のベトナム訪問の際、1月12日、クアン・ナム省ホイ・アン市において、グエン・スアン・フック首相は二階幹事長をはじめ日本経済、文化、観光団と会談した。

会談において、フック首相はベトナムの親友の日本を代表する二階幹事長一行を歓迎した。「ベトナム政府から地方政府までは今回のような両国間の経済・文化交流活動を大事にしている。経済、人力、観光に関するセミナー及びフォーラム、ベトナム・日本地方のトップリーダーカンファレンス等様々な活動が開催されたことは、日本とベトナムの広範な戦略的パートナーシップの証拠だ」と述べた。

グエン・スアン・フック首相は両国間の友好関係は包括的かつ顕著に発展しており、両国が2014年に合意した「アジアにおける平和と繁栄のための広範な戦略的パートナーシップ」に貢献した。それに従い、ベトナムはいつも日本を長期的かつ信頼性の高いパートナーを見ている。


グエン・スアン・フック首相と自由民主党幹事長・日越友好議員連盟会長二階俊博氏は両国の省庁、地方と企業の間の12件の協定書、覚書の締結式に出席

フック首相はベトナム・日本の友好関係に対する二階幹事長と日越友好議員連盟の支援に謝意を表した。また、越日間の議員、両国の地方と国民の友好と相互理解を一層深めるようにする。

二階幹事長は2020年あたまにベトナムを訪問することができることを嬉しく思った。1000人規模のミッションは今まで初めてのことであり、日本の国会議員、省庁と企業の代表が参加したことから見ると日本の国会、政府から企業と国民までのベトナムに関する関心が高まっていることがわかった。二階幹事長は今後5年間で150人のベトナム人学生を日本へ交流に招くようにする。


フック首相は両国の議員と地方の交流が深まることと若者と国民の相互理解が促進されることを期待する

会談において、両方は両国間のトップリーダーのミッションと民間交流を一層実施し、投資、貿易、人材、観光における協力を更に推進することに合意した。特に、ベトナムが2018~2021年日本とASEANとの関係のコーディネーター、2020年からASEAN議長国と2020~2021年国連の安全保障理事会の非常任理事国になるのは前提だ。

今回、ベトナムグエン・スアン・フック首相と二階俊博幹事長が証人として、両国の省庁、地方と企業の間の12件協定書・覚書の締結識が開催された。

THANH THAO

 

 

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT