越日関係を新たな高みに引き上げるように (24-1-2020)
日付を公開 24-02-2020 10:09

1月12日夜、二階俊博日本自由民主党幹事長日越友好議員連盟会長一行とベトナムグエン・スアン・フック首相は「日本・ベトナム交流の夕べ」に参加した。フック首相によると、今回の交流会は日本とベトナムの広範な戦略的パートナーシップの証拠である特別な意味のあるイベントだという。また、二階幹事長をはじめ日越友好議員連盟の多大な貢献に感謝した。

それに加え、ベトナムはいつも日本を重要なパートナーと見ているとも述べた。両国の関係を新たな高みに引き上げるように協力していきたい。両方は共同の利益を共有しながら、レベルが違う両国の経済発展にも関わらず、競争よりも相互のよい点を補完し合う関係を目指していきたい。日本は対ベトナム政府開発援助(ODA)で1位、投資額で2位、ベトナム訪問者数で3位、貿易額で4位となっている。


フック首相は越日関係を新たな高みに引き上げるように協力していきたいと主張した

日本の在留ベトナム人数は約40万人で、国籍別3位になっている。2019年のベトナムへの日本人訪問者数は90万人だった。その内、ホイアンは日本人観光客にとって魅力的な観光地であり、よく選ばれていた。逆に、日本へのベトナム人訪問者数は40万人だった。

ベトナム首相によると、ベトナムは活発に発展しており、ポテンシャルがたくさんある国だ。そして、ベトナムはCPTPPに基づき日本との経済協力を強化し、投資、技術移転、市場開発を進め、一緒にグローバル・バリューチェーンに参加する。

交流会において、日本自由民主党幹事長日越友好議員連盟会長二階俊博氏はベトナム・日本との関係は長い歴史を持ち、この関係を強化することにフック首相の貢献が大きいと発表した。


二階幹事長と日本の学生がベトナム学生に日本語教科書を寄贈

二階幹事長は両国の協力があらゆる分野において良好に発展していることの喜びを表した。2019年、両国の民間交流活動が1,400回も行われた。現在日本の在留ベトナム人数は約37万人以上で、両国の友好関係の架け橋でもあるということ。

二階幹事長によると、今回は両国の架け橋である将来世代20人の高校生を連れてきている。両国の政府は日越友好関係を今後も維持するために、一生懸命その友好について若者に説明すべきだ。

二階幹事長も今回の交流を通じて、日本の学生たちがいろいろ勉強でき、それから日本に戻り一生懸命学習し、将来は両国の関係を発展させることを期待する。

今回のベトナム訪問において、二階幹事長と学生はクアン・ナム省レ・タイン・トン高校、ダナン外国語大学とフエ大学の学生に日本語図書を寄贈した。今後もダナン外国語大学とフエ大学に日本語図書の寄贈活動が続けられていく。


二階俊博日本自由民主党幹事長日越友好議員連盟会長一行とベトナムグエン・スアン・フック首相と両国のリーダーとの蓮の植樹式

「日本・ベトナム交流の夕べ」において、二階俊博幹事長、グエン・スアン・フック首相と両国の官僚は日本蓮の交流やダナン日本領事事務所の開設祝いを行った。

THANH THAO

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT