ベトナム・日本直行便を5路線追加 (25-1-2020)
日付を公開 24-02-2020 10:10

新規就航5路線はハノイ、ホーチミン、ダナン・名古屋、ハノイ・福岡とハノイ・鹿児島だ。そのうち、名古屋と福岡は日本日本第3位・4位の都市であり、鹿児島は在留ベトナム人が多いところだ。

新規就航5路線はハノイ、ホーチミン、ダナン・名古屋、ハノイ・福岡とハノイ・鹿児島だ。そのうち、名古屋と福岡は日本日本第3位・4位の都市であり、鹿児島は在留ベトナム人が多いところだ。


新規就航5路線はベトナム・日本の戦略的なパートナーシップを促進する

現時点はハノイ、ホーチミン、ダナンから東京、大阪、名古屋、福岡と鹿児島まで10路線の就航と格安チケットにより、両国国民が簡単に旅行に行けるようになっている。

新規就航5路線の発表式において、ヴォン・ディン・フエ副首相は、新たな5路線が日越の戦略的なパートナーシップの発展に貢献できると確信する。また、両国の文化、経済交流を推進し、2020年に100万人の日本人観光客がベトナムを訪問する目標に役に立つ。

THANH THAO

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT